読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arveltのソフトウェア技術メモ

Arvelt's software technology memo

革新的ソフトウェア企業の作り方 読後まとめ

Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方

Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方


良い本でした。これならソフトウェア開発者は幸せになれるかもしれない。
気になったところをメモ。


小さなISV。
ソフトウェア製品を作り、マーケティングし、販売する。
性急に大きくなろうとはせず、自身の利益を自身へと投資して、ゆっくりと成長していく。


小さなISVはどんな製品を作ったらいいのだろうか?
1.競合する製品と大きな違いが1つなければいけない。
2.競合する製品と完全に違ってはならない。
3.わくわくさせるような製品であることと高収益は対極にあることが多い。


・背負いきれないような大きな失敗を避けるためのプランを予め用意しておく。
・競合がいないというのはありえない。どんな競合となら戦えるのかと考えること。
・ユーザーを煩わせないこと。メールアドレスを入力してもらうことは本当に必要なのか考えること。
・唯一の失敗は試みないことである。
・小さなISVはアプリケーションを作るべきであり、プラットフォームを作ろうとしないこと。
・アイデアを出すことと、アイデアを評価することを同時に行わないほうがいい。
・あなたの製品の位置づけを考える。なぜこの製品を選ぶのか、この製品はなんなのか、誰がこの製品を選ぶか。
・小さなISVの開発者として我々の生産性は重要であるが、それはユーザーの快適さと好みに対しては2の次でしかない。
・価格は製品の位置づけで決まる。競合はどこか、競合の製品と違うところはどこか、市場に対してどう認識されたいか、競合の製品の価格はどうか。
・知ってもらうこと、欲しがってもらうこと、簡単に買えること、フル機能を試せること、コミュニティのために場所を用意すること。