arveltのソフトウェア技術メモ

Arvelt's software technology memo

1兆ドルコーチを読んだ

AppleGoogleなどのシリコンバレー企業の幹部のコーチングを担当していたビル・キャンベル。彼が関わった企業の時価総額は2兆ドルを超えると言われている。そんな人がどんなふうにコーチングをしていたかと、彼の教え子たちが綴った本。

 

コーチの教え

  • 思いやり
  • 素早く動く
  • やっちまえ

人がすべて

  • マネージャーは「支援」「敬意」「信頼」を通じて、部下が仕事で実力を発揮し成長できるように手を貸すこと
  • 旅の報告から始める。(社会情動的コミュニケーション
  • 議論するべきトップ5はなにか?
  • マネージャーの仕事は決定をくだすこと。
  • 天才とうまく付き合え。寛容であれ、だが仲間の成果を損なうならばその限りでない
  • 高い報酬は愛と敬意の証
  • 去るものに敬意を払え
  • 資料は必ず先に共有しろ

心理的安全性

  • コーチされるのに必要な資質「正直さ」「謙虚さ」「努力をいとわない姿勢」「学習する意欲」
  • 信頼とはきれいごとではない。それは「約そこを守ること」「誠意」「率直さ」「思慮深さ」のことだ。
  • フィードバックは正直に率直に早いうちに伝える。ネガティブなフィードバックは人目につかないところで与える。
  • やるべきことを指示せず、自分でたどり着けるように導く。
  • 人はありのままの人格が表出しているときに最も良い仕事をする

チームファースト

  • 問題そのものよりもチームに取り組む。誰があたっているか、適切なチームが配置されているか、成功するために必要なものを揃えたか。
  • 正しいプレイヤーを見つけること。誠実であり、グリットをもち、共感できて、チームに貢献するマインドを持っている。
  • ペアで仕事に当てる。
  • データやプロセスで解決できない最大の問題に真っ先に切り込む。
  • 正しく勝利することを目指す。不誠実さ、非協力、非献身ではいけない。
  • 敗北しているときこそ、大義に向き合い先陣に立つ。献身的な誠実さで判断をくだせ。
  • 人々の間の小さなすきま、理解やコミュニケーションのギャップを埋めていく

ビジネスに愛を持ち込む

  • 優しい組織にする。プライベートな会話は人に関心を持ち気にかけているということでもある。
  • コミュニティを作れ。生まれた絆がチームを強くする。
  • 人を助ける。時間や人脈を他人のために使う。

成功を測る尺度

  • 自分のために働いてくれた人、自分が助けた人のうちすぐれたせいかのこのこした人は何人いたか、それが成功を測るものさしとなる

 

 

 

2019年を振り返って

前年度立てた目標

  • モバイルアプリ勉強する
    • これは単純に興味あるので
  • 新しい技術をいち早く試す
  • コードリーディング
    • Web関連のコードを読んだ絶対量が少ない問題
  • 技術プラスのスキルの模索
    • 一番地続きはプロダクト方面。仕様や設計には適正がなかったので、運用とか改善の方面
  • 漫画を書く
    • 例大祭。それと夏か冬のどちらか

目標を達したか

  • モバイルアプリ勉強する
    • 実は業務でAndroidアプリに関わったので復習がてら自分でアプリの雛形を書いたりしてた
  • コードリーディング
    • 勉強のためのコードリーディングみたいなことはやっていない。Web関係のソースをプライベートでは見ていない
  • 新しい技術をいち早く試す
    • これふわっとしすぎて意味なかったかも。一応プロダクト方面の技能を身に着けようと画策しはじめた
  • 漫画を書く
    • 例大祭冬コミに出て本を出した。既刊7冊になった。継続は力…?

所感

こいつ漫画しか描いてなくない?(1年ぶり3度目
実はもう7冊も書いたことが判明していて私漫画書くの好きだったのか!って自分で気づきを得た。そういう話をするところではないはずなのだが?
あとこれ振り返れてないしこれからはKPT方式てやっていきたいと思った、来年はそれで書いてみる。いや形式はともかく内容的には記してみる。
 
続けること。
モバイルアプリの勉強、勉強というよりも自分がほしいアプリを作ることにフットワーク軽くなっていくということをやりたい。漫画書く、これは続ける。漫画書きたい。漫画楽しい。むしろ漫画で食いたい。いや絵が下手なので無理だが…。
 
問題だったこと。
勉強のためのコードリーディングとかは全然手につかないやる気も起きない意味がなかった。自分のためのアプリを作るんだみたいな取り組みの中でわからないことが起きた場合においてのみ、私は学習することができていたと思う。勉強自体が楽しいとか知ることが楽しいとかはまったくなくて、ただやりたいことをやるためだけに解いていく。仕事に備えて学ぶみたいなことも正直全然できないのもこの辺の性根に問題がありそうだと感じている。
ならば仕事とかは一端忘れて、何か作りたいものをおいてそこから学び取っていくしかないのではないだろうか、それが仕事の領域と重なったらラッキーくらいの扱い。
 
取り組んでいくこと。
そうはいっても仕事方面でもう少し成果出したい、そうしないとお給料が上がらないので。業務ではプログラミングがわかるプロダクトの人みたいな方向を模索させてもらいつつありこれはこれとして大変ありがたいので、何かしらを掴んでしまいたい。もうこの方向でだめなら全部すっぱりやめてアルバイトしながらイラストレーターでも目指したほうがマシなんじゃないかと思う。あるいはコボラーに戻るとか。
それはそれとしてドキュメントを読むときや、カンファレンスの動画を見るときに英語があまりよくわからないという現実的な問題がありこれをなんとかしたいと思っている。英語……学習……的な?
あと一応フロントの何かしらもさわりたい。これは多分趣味、だって自分のおもちゃのUIを自分で作れたら楽しいでしょ?弊社はフロントがAngularなので、Electron+Angularで自分用のUIがあるおもちゃを作ってみるとかその程度でもいいと思ってる。
あともっと本を読みたい。ここ何年か技術書で勉強しなければみたいに変に気張っていて多分読書自体が嫌になりつつ合ったと思う。私そもそもそういうんじゃないはず
 
何でもやれるようになりないなと思っていたはいいが結局何もできるようにならなかった人間は生きるのが難しい。昨今のIT業界は、成長することを強要されているみたいな雰囲気あると思っているのだが、そらまあ成長しなければ周りは勝手に伸びていっておいていかれるのはそれはそう。とはいえこの業界には普通に生きていくという概念が存在しないようで非常に生きづらく感じる。皆息苦しくないのだろうか?
 
今回から来年の目標という項目はたてないので、TRYの項目からKEEPを増やすようにできるようにしていきたい。

RecycleViewでDataBindingとLiveDataを使う

これ今はもうスタートラインレベルなのに毎回用意するのが大変なので、そろそろ一気に自動生成してくれるようにしてほしい。 これは何度も書いているので未来の私のために残す。見ながら書いて足りないものに気づいたら直す感じで  
 
Android StudioでFragment(List)を選んで生成して使用する。 MemoとMemoItemというビューの関係を関係を作るのがこの記事がゴール。使用したkotlinは 1.3.31 、 minSdkVersionは 21

f:id:arvelt:20190924183034p:plainf:id:arvelt:20190924183050p:plain

 
 
gradleでdataBindingを有効にする

android {
    dataBinding {
        enabled = true
    }
}

 
 
まずデータクラスを定義。リストの1項目を表す。Memo.kt

data class MemoItem(
    val id: String,
    val message: String
) : Serializable

 
 
ビューモデルを定義。MemoListViewModel.kt

class MemoListViewModel : ViewModel() {
    val items = MutableLiveData<List<MemoItem>>()

    fun loadItems() {
        val items = arrayListOf(
            MemoItem("1", "aaa"),
            MemoItem("2", "bbb"),
            MemoItem("3", "ccc"),
            MemoItem("4", "ddd"),
            MemoItem("5", "eee")
        )
        this.items.value = items
    }
}

 
 
リサイクルビューのXMLをLayoutタグでくくり、variableを定義。fragment_memo_list.xmlとする

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<layout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
        xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools">

    <data>
        <variable name="viewModel"type="net.arvelt.memoapp.ui.memolist.MemoListViewModel" />
    </data>

    <androidx.recyclerview.widget.RecyclerView
            android:id="@+id/list"
            android:name="net.arvelt.memoapp.MemoListFragment"
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="match_parent"
            android:layout_marginLeft="16dp"
            android:layout_marginRight="16dp"
            app:layoutManager="LinearLayoutManager"
            tools:context=".ui.memolist.MemoListFragment"
            tools:listitem="@layout/fragment_memo_list_item" />
</layout>

 
 
リサイクルビューの1行分の項目のXMLをLayoutタグでくくり、variableを定義。fragment_memo_list_itemとする

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<layout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">

    <data>
        <variable name="viewModel" type="net.arvelt.memoapp.model.MemoItem" />
    </data>

    <LinearLayout
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:orientation="horizontal">

        <TextView
                android:id="@+id/itemId"
                android:layout_width="wrap_content"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:layout_margin="@dimen/text_margin"
                android:text="@{viewModel.id}"
                android:textAppearance="?attr/textAppearanceListItem" />

        <TextView
                android:id="@+id/content"
                android:layout_width="wrap_content"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:layout_margin="@dimen/text_margin"
                android:text="@{viewModel.message}"
                android:textAppearance="?attr/textAppearanceListItem" />
    </LinearLayout>

</layout>

 
 
Bindingクラスを生成させるために一度コンパイルする。アダプタークラスをデータバインディングを使用した形に置き換える。MyMemoRecyclerViewAdapter.ktとする

class MyMemoRecyclerViewAdapter(
    private var mValues: List<MemoItem>,
    private val mListener: OnListFragmentInteractionListener?
) : RecyclerView.Adapter<MyMemoRecyclerViewAdapter.ViewHolder>() {

    private val mOnClickListener: View.OnClickListener

    init {
        mOnClickListener = View.OnClickListener { v ->
            val item = v.tag as MemoItem
            mListener?.onListFragmentInteraction(item)
        }
    }

    override fun onCreateViewHolder(parent: ViewGroup, viewType: Int): ViewHolder {
        val binding: FragmentMemoListItemBinding =
            DataBindingUtil.inflate(
                LayoutInflater.from(parent.context), R.layout.fragment_memo_list_item, parent, false
            )
        return ViewHolder(binding)
    }

    override fun onBindViewHolder(holder: ViewHolder, position: Int) {
        val item = mValues[position]
        holder.binding.viewModel = MemoItem(item.id, item.message)
        with(holder.binding.root) {
            tag = item
            setOnClickListener(mOnClickListener)
        }
    }

    fun setData(items: List<MemoItem>) {
        this.mValues = items
    }

    override fun getItemCount(): Int = mValues.size

    inner class ViewHolder(val binding: FragmentMemoListItemBinding) : RecyclerView.ViewHolder(binding.root)
}

 
 
MemoListFragmentのOnCreateViewをDataBidingを使用した形に置き換える。 アダプターの登録をして、viewModelを監視する。 初期値がonResumeでロードされるようにする。

    override fun onCreateView(
        inflater: LayoutInflater, container: ViewGroup?,
        savedInstanceState: Bundle?
    ): View? {

        val binding: FragmentMemoListBinding = DataBindingUtil.inflate(
            inflater, R.layout.fragment_memo_list, container, false
        )
        binding.viewModel = ViewModelProviders.of(this).get(MemoListViewModel::class.java)
        binding.list.adapter = MyMemoRecyclerViewAdapter(arrayListOf(), listener)
        binding.viewModel!!.items.observe(this, Observer {
            val adapter = binding.list.adapter as MyMemoRecyclerViewAdapter?
            adapter?.setData(it)
        })
        this.binding = binding
        return binding.root
    }

    override fun onResume() {
        super.onResume()
        this.binding.viewModel!!.loadItems()
    }

 
 
アダプターでクリック時の処理をしているのでActivityでクリックされたときのMemoItemが取得できる。

override fun onListFragmentInteraction(item: MemoItem?) {
    // 遷移など
}

Pyconjp 2019

PyconJP 2019いってました。ここはチャラい浮ついた感じがなくて良いイベントだと思います。資料とトークの動画がちゃんと公開されてるので私のメモは読まなくていいです。( https://pycon.jp/2019/ からたどれる

f:id:arvelt:20190922134045j:plain
f:id:arvelt:20190916152258j:plain

 

良かった話のメモとか。

・Supportingpython3 in large scale project https://www.slideshare.net/ssuser2cbb78/supportingpython3-in-large-scale-project-172491766
 ・どうやってpythonコードを見つけるか? どのインタプリタに対応していたか? コードの意図はどんなだったか?
 ・ちゃんと計画を建てる
  ・概念実証
  ・チームを組む
  ・ガイドラインを建てる
  ・タスクを調べる
  ・タスクの大きさを見積もる
  ・粛々と取り組む
 ・ビルドシステム/デプロイスクリプトは? python3がサポートされないパッケージは?
 ・2と3の一番の違いは、文字列の扱い
  ・Pythonコミュニティが公開してるアプローチを試す。(https://docs.python.org/3/howto/pyporting.html#text-versus-binary-data
・Modern development environments for Pythonistas https://www.youtube.com/watch?v=d3cj4f63u-A
 ・環境はpythonだけでもない、dockerを使おう
 ・本番環境と同じ環境にするためにdockerを使おう
 ・pip-compileでバージョンをピンしよう
 ・Dependabot/Pyupを使ってアップグレードしよう
 ・Lintはblackを使え
 ・自分の環境がそのままリリースできるくらいにする
Pythonでライブをしよう -FoxDotを使った新時代のPython活用法 https://www.youtube.com/watch?v=lCQWLAJf6xQ&feature=youtu.be
 ・https://foxdot.org/
・Getting Started with Asynchronous Python Web Development https://youtu.be/3Me7IU-kjq0?t=1040
 ・ボトルネックはいつだってDB、NW、IO
 ・aiohttpを使う
  ・async/awaitで非同期処理をかける
・チームメイトのためにdocstringを書こう https://www.youtube.com/watch?v=2A3gRyT54Wc
 ・docstringを書くのがよい
 ・スタイルは3つ。
  ・ReStructuredText Style
  ・NumPy Style
  ・Google Style
 ・PyCharmは設定をすると保管してくれる。
 ・VSCodeはautoDocstring
 ・DocString書いてくれない問題。
  ・文化を作る (edited)

Slack Dev Meetup 1 のメモ

これ行ってました。 Slack App、ちょろっと作って自分のところのワークスペースに入れるだけっていうのは直ぐにできるので偉いと思います。 その気になればそのまま公開できるのも偉いと思います。でもbotとappの関係とかよくわかりづらいのは良くないと思います

slack-dev-jp.connpass.com

Boltの紹介

  • 特徴
    • TS実装
    • Node Slack SDKと併用する
    • いろいろやってくれる
  • SlackとHeroku
    • SlackとAWS Lambda
    • Serverless FWを使うと楽に行ける
  • NavitaimeのBlock Kit
    • 操作のステップ数の削減
      • スラッシュコマンドですぐ起動させる
    • 検索条件や設定の操作
    • 視認性の良い表示
      • Block Kitを使った
    • Block Kit

カオナビをApp directoryを出す話

  • 最初は通知を送ろうとしていた
    • Slackが業務のHubであり、その中の1つとして使われるいう発想に転換
    • 開発
    • appd に申請して2週間くらいかかる{半日もあった
    • 5ヶ月想定したが、6.5ヶ月
      • マネ1、エンジニア2,デザイン1、QA1
    • 審査後即公開ではなく、Publishボタンがある
    • 使ってくれる人はたくさん使うが、全く使わない人は全然使わない

Slackをワークスペースに替える話。AWS Chatbotの話

  • 最近OKRツールのbantoをリリース(サイダス
    • フリートライアルをslackからできるように
  • AWS Chat bot
    • devopsのアラートを通知するBotを組み込めるサービス
    • Cloud Watchアラーム
    • Budgetアラート
    • Cloud Formation通知
  • おすすめBot
    • geekbot
    • PomoDoneApp
    • IFTTT
      • 勤怠に使ってる
    • Cronofy
      • アラーム設定すると通知してくれる
    • Zapier
      • 通訳させたりしてる
      • チャンネルを作ったらgeneralに出してる

ファクトフルネスを読んだ

1日1ドル未満で暮らす子どもたちは増えただろうか。減っただろうか。
初等教育を受けられる低所得の女性のの割合は3割だろうか。6割だろうか。
紛争で亡くなる人は増えただろうか。減っただろうか。

 
これらのことがわからないのならば読んでみていいと思う。  
人はみな、自分が見たいものを見ている。 そうならないためにどうすればいいかを教えてくれる本だ。
 
単にこれらの事象そのものだけにとどまらず、物事の見方ということを考えざるを得なくなる。
 

  • 大半の人がいるところを探す
  • 悪いニュースの方が広まりやすい
  • 直線も曲がる
  • リスク計算する
  • 数字を比較する
  • 分類を疑う
  • 変化はゆっくりと起きている
  • 1つのことが全てに応用できるわけではない
  • 犯人探しでは解決しない
  • 小さな一歩を重ねていく

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

エンジニアの知的生産術読書メモ

読んでたけどメモほっぽりっぱなしだったので放出。エンジニアなら大なり小なりやっていることを、明確に言語化せしめたのは素晴らしいことだと思う。間違いなくエンジニアに限らない、誰でもためになる良書。なにかに取り組む前にさっと目を通して備えられるように、自分の中に積みあげておきたく感じる。

学び

  • やる気の維持
    • 小さいゴール
  • 良い参考書を選ぶコツ
    • 大学の講義の参考図書に選定されている
    • 正誤表が充実
    • 改定されたロングセラーである
  • 学習のサイクル
    • 情報収集→モデル化→検証
  • 情報収集
    • 知りたいと思うところから学ぶ
    • ソースコードの読み方 by Matz
      • 全体を読もうとしない
      • 目的を持って読む
    • 達成可能な目標。明示的な目標を掲げる
    • 大雑把に全体を把握する
    • 写経が再び必要になるとき
      • 写経の必要もなくすんなり理解できたとおもったのなら、それはすでに学んだことで構成されていて、新しいことを学べていないということ
    • どうやって抽象化するか
      • 比較する。同じ箇所と違う箇所の間を見る
      • 例える。どこが同じでどこが違うのかを明確にする
      • 違いに注目する
      • 歴史から学ぶ。以前と以後で何が変わったか
      • すでに抽象化されたパターンから学ぶ。ただし、自分の言葉で、自分の経験として、自分の目的に使えるか?

やる気

  • やる気がでないのは、やることを絞れていないせいである
  • 絞るためにはまず全体像を把握する
  • 優先順位付け自体が難しい
    • トレードオフスライダー
    • 探索と利用のトレードオフ → 不確かなときは楽観的に
    • フィーチャーの判断基準。金銭価値、コスト、新しい知識、リスク
    • 緊急と重要のマトリクス
  • タスクが大きすぎる

記憶

  • アウトプットで記憶が鍛えられる
    • 覚えている自信がなくてもテストを繰り返すと成績は高くなる
  • 忘れてから復習するのは長期の記憶に役立つ
    • ライトナーシステム
    • supermemo
  • 間隔反復法
  • 知識を構造化する20のルール

読書

  • 「読んでない本」は、先に概要を調べる・読んだ人に聞くなどして、読むべきかどうかの判断ができる
  • Whole Mind System
    • プレビューする。
      • 5分ほどで目次やキーワードについて把握する。
    • 質問を作るためによむ。
      • ○○せよと書いてあるが、これは具体的にどういう行動か?
    • 答えを探すために読む
    • マインドマップでメモする
  • フォーカス・リーディング
    • 読む速度をコントロールすることで理解度を測る
  • どちらも見出しに注目する
  • 難解な本を読む技術
    • 本棚を見て分野の全体像をスケッチする
    • 読書ノートを作る
      • わからないことを記録する
      • 何度も出現する単語を記録する
      • 概念や理由の関係性を矢印でつなぐ
    • わからないことを解消するために読む
  • 読むという行為の目的はなにか
    • 必要なときに読み返せるように頭の中に地図を作る
    • 本の内容とそのほかの知識を結びつけるために読む。Syntopic Reading
    • 概念の名前を知ることで思考の道具を手に入れる
  • 復習のためのメモを作る

思考

  • 書き出し法
    • テーマに対して書き出す
    • 質ではなく量
    • 重複も気にしない
  • 情報をまとめる
    • KJ法
    • ふせんに書き出し並べて一覧性を上げる
    • 関係ありそうなものをまとめる。
    • グループ化して表札をつける
    • 分類できないと思ったときは分類の基準が間違っている。
    • 既存の分類を使うのではない
    • 階層は作らない
  • 短縮化
    • 表札は作らずとも良い
      • 中断可能であるように工夫する。ふせんをはるのはA4用紙にするなど

ひらめき

  • 3つのフェーズ
    • 耕す
    • 芽生える
    • 育てる
  • 「アイデアのつくりかた」ジェームズ・W・ヤング
    • 資料集め
    • 資料の加工
    • 努力の放棄
    • イデアの誕生
  • 「発想方」川喜田二郎
  • 情報を収集する
    • 言語化を促す
    • 言葉になっていないもの
  • 磨き上げる
  • 最小限の実現可能な製品
  • 他人の視線